2010年03月02日

だって心が真っ白だから

 バンクーバー五輪が閉幕しました。やはり女子フィギュアへの、日本人の関心は高ったようです。浅田真央ちゃんのフリーを中継したNHK総合テレビの平均視聴率、瞬間最高視聴率は、一番高かった名古屋地区で、それぞれ40.0%、50.6%だったそうです。
 私も真央ちゃんとヨナちゃんの事実上の一騎打ちをハラハラしながら見ていました。結果はヨナちゃんが、自身が持つSPとフリーの歴代最高得点を18点以上も更新して驚異の228.56点で金メダルを獲得!
 真央ちゃんは自己ベストを更新するもフリー終盤のジャンプが飛べず23.06点の差で銀メダル。五輪史上女子フリーで初のトリプルアクセルを二回決めていただけにフリップと三回転トーループが飛べなかったのは残念でした。

 フリー終了直後のインタビューで、思わず悔し涙を零した真央ちゃんが萌え~!

00000490856-00000350860.jpg

 もし私が記者なら仕事そっちのけで抱き締めてしまうね。あの涙は演技じゃなくてリアルドキュメントだもの。胸がきゅ~んとしたよ。
 真央ちゃんは、「たくさんの人達に応援してもらえる人になりなさい」と山田満知子コーチや周囲の人達に言われていて、自身でもそう心掛けているそうです。真央ちゃんの場合、その清潔感溢れる人柄からいって黙っていても皆応援してくれると思いますが。
 真央ちゃんを応援する人達ひいてはフィギュアスケートファンの人達ってナショナリズムとは無縁な気がするね。あくまで選手個人への尊敬の念が根底にあると思うんだ。私なんか、あの涙をみせられたら、真央ちゃんの為に出来ることは何でもしてあげたいと思ったもの。一緒に泣いてあげることしか出来ないかもしれないけれど…。
 繰り返すモノポリリズム、この衝動はまるで恋だね…。



 それに比べ、スポーツマンシップにも武士道にも悖る日本の生恥、国母や亀田、朝青龍に対しては二度と立ち上がれないほどの不幸を望んでしまう(笑)。四回転を飛ばない者が金メダルを取れる現行採点法を批判してプルシェンコが帰ってきたけれど、彼のような漢儀は、ヤツラには微塵も感じないね。


 この違いは、やっぱり「心が真っ白だから」なのかもしれないね。


00000490856-00000350859.jpg

 確かにヨナちゃんもライサチェックも完璧な演技で金メダルに値すると思います。けれど、3/2東京新聞朝刊のインタビューで真央ちゃんも言っているように、現行採点法になって選手達のジャンプが一段低下したことは否めません。でも真央ちゃんは、プルシェンコが戻ってきたことで四回転、三回転半を飛ぶべきだという意識の変化が選手達自身に芽生えていると言います。やっぱりアスリートですから、たとえ困難でも退化よりも進化を選ぶのは当然と言えるでしょう。

 今回の男女フィギュアスケートは記憶にも記録にも残るものになりました。スポーツが人を感動させるのは、選手が誰も彼も真剣だということに尽きると思います。戦争のように「負け=死」を意味してはいないけれど、命がけのつもりで勝負し、負ければ死ぬほどの悔しさを味あわされるという意味では戦争そのものです。そのせいでしょうか、それはただ見ているだけの私達にさえ同じ気持ちを味あわせるばかりか、「人間とは何か」をも考えさせうるのではないでしょうか。
「人はどこから来て、どこへ行くのか、私とは何者か?」を明らかにしようとしているのは、何も芸術や学問ばかりでなく、人間の営みの大半はこの問いの中にあるのかも知れません。

00000490856-00000350861.jpg


※追記
 米国籍の長洲未来(16)が四位に入賞。すぐにでも真央ちゃんヨナちゃんのライバルになりそうな気配。でも競技生活が終れば皆はきっといい友達になれるんじゃないかなぁ。好敵手は対立ばかりでなく、互いに切磋琢磨して成長し合える生身の人間の濃厚な関係がある。そういう相手がいるのって羨ましいです。


浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2008-09

浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2008-09

  • アーティスト: カーショウ(ジュリアン),プゥルセル(フランク),ヤルヴィ(ネーメ),ヤルヴィ(パーヴォ),ベルリン・フィル12人のチェリストたち,レネハン(ジョン),パールマン(イツァーク),ザ・タンゴ・プロジェクト
  • 出版社/メーカー: EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
  • 発売日: 2008/11/26
  • メディア: CD




浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2009-10(DVD付)

浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2009-10(DVD付)

  • アーティスト: ムーティ(リッカルド),青島広志,ヤンソンス(マリス),ヤルヴィ(ネーメ),モリコーネ(エンニオ),真部裕,マキシム,川井郁子,リトル(タスミン)
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2009/10/14
  • メディア: CD




浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック

浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック

  • アーティスト: ヴェンゲーロフ(マキシム),ロンドン・フィルハーモニック・オーケストラ,フィルハーモニア管弦楽団,ルフェーブル(アラン),ミカレッリ(ルチア),レオポルド・フェデリコ楽団,マルコフ(アレクサンドル)
  • 出版社/メーカー: EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
  • 発売日: 2007/11/28
  • メディア: CD



posted by 駿喆咲道 at 19:19 | TrackBack(0) | 日帖 | 更新情報をチェックする






■恋愛にも新規顧客開拓にも使える出遭いの教科書
■著者
駿喆咲道@suntetusakudu

profile200×200_200x200.jpg

1978年生まれ、東京都在住。「人間とは何か、私とは何か」をテーマに、実存と人間関係の悩みに光を注ぐことを使命にしています。尊敬する人は『夜と霧』の著者 V.E.フランクル(ロゴセラピー)です。

私は常に「道」を求めて開発改善に努めています。それゆえ記事の投稿後も何度も推敲を繰り返します。それにより読者に損害が生じることは恐らくありませんので御安心ください。

なお、毒舌、エスプリ、おやじギャグ、スラングなどを用いたり、テキトーな言葉遊びによって人を煙に巻くような話をすることがあります。下ネタを発することもあります。その旨、ご注意ください。


I produced this template on August 29,2017.


読者メッセージを送る