2012年11月11日

やりながら覚える介護 ―ちんことアナルの洗い方―

■男の金科玉条

 11月11日と言えばポッキーの日。すなわちガッキーの日だ。

tumblr_mdazgoNhbM1r7d5voo1_500.jpg
Pocky 「Hello New Friend! 大阪」篇 http://youtu.be/ovziXcaPgGk

 と、同時に介護の日でもあるという。全くと言って認知されてないが、厚生労働省が何年か前に決めたらしい。
 介護は24時間365日だ。一年のうちの一日だけ特集されても何の啓発にもならない。記念行事で税金を無駄にしないで「もっと公的支援を充実しろボケっ!!」と言いたい。

 ところで先週は訪問看護に陰部の清拭を習った。
 オヤジは今、ベッドの上で生活していて風呂に入れる状態ではないので、毎日、おむつを替える時に身体を拭いている。うんこをした時はお尻ふき用のウエットティッシュでケツ全体とちんこも一緒に拭いているのだが、看護婦の言うことには、ちんことアナルは、お湯で洗浄したほうがいいという。
 ゲリでケツを著しく汚すというようなことは今までなかったので一般的な清拭でいいと思っていたが、ちんこはおむつの中でいつも蒸れているので定期的に洗わないと雑菌が繁殖しやすくなるという。その結果、皮膚に炎症等が起こるというわけだ。
 今時の紙おむつは通気性を担保しているが俺は赤ちゃんの頃しか装着したことがないから、どの程度通気性があるのかは定かではない。おしっこは尿瓶にしているけれど、うんこ用にパットを入れているせいもあって確かに綿のパンツに比べたら蒸れている。今の季節はそうでもなくても夏はかなり蒸れるだろう。

 自慢じゃないが俺が生まれて初めて陰金田虫になったのは小六の夏だった(笑)。あの年頃は第二次成長期が始まり、ちんこの肥大化とともに金玉の熱量も増加したのだろう。白いブリーフの中で生え始めた陰毛が、あっという間にIt's a jungle!! 温度と湿度の上昇に寄与したのは容易に想像がつく。
 陰金田虫の大先輩であるオヤジに聞いたら「キンカンを塗ればすぐ治る!!」というから塗ったら飛び上がるほど痛かった。思えばあれが反抗期の始まりだった気がする(爆)。

 ともあれ金玉の風通しは良くしておいたほうがいい。そもそも金玉(睾丸)が内臓ではなくて、袋(陰嚢)に入ってサオ(陰茎)にぶらさがっているのは、熱に弱い精子を守るためだ。
 だから玉袋は気温や体温に合わせて伸びたり縮んだりして表面積をコントロールしている。暑いときは熱を逃がしたり、冷気を取り入れるために伸びずるかえって毛細血管を広げる。寒いときは熱を逃がさず、冷気を取り入れないように縮こまって毛細血管を収縮させる。そうやって精子をつくるのに適した32~34℃に金玉の温度を常に保っているのだ。
 
 参考
 http://www.kao.co.jp/laurier/health/013/

 要は蒸れている時、血行の良い時は大きい。冷えている時、血行の悪い時は小さい。【それがちんこというものだ】と覚えておけばいい。ただし、それは必ずしも全身の体温や血行を反映しているわけではないことに注意が必要だ。身体というのは上半身は暑いのに足は冷えているというようなことがある。体温計で計るだけでなく、頭、首、手、腹、足に触れることで判断するべきである。


■清拭の注意
 身体を拭く時はシャツを着たままでもいいから、お湯に浸したタオルで拭いたら、すぐに乾いたタオルで拭くこと。そうでないと肌についた水分が体温を奪ってしまう。これから寒くなるから事前に部屋を暖めておいた方がいい。
 

■陰部洗浄に用意するもの

 ・お湯
 ・洗面器
 ・普通のタオル2枚
 ・ジョウロなど
 ・石鹸
 ・ビニールシート
 ・プラスチックグローブ

 洗面器に張ったお湯はすぐに冷めるので少し熱めのほうがいい。43℃くらい。瞬間湯沸かし器やガス給湯器があるお宅は、すぐにお湯が出ると思うが、なければヤカンや電気ケトルでお湯を沸かしておくといいだろう。いちいちキッチンに戻るのは面倒だからいつも電気ポッドや魔法瓶を近くに置いておくといい。洗面器のお湯が冷めてもすぐに継ぎ足せる。

 タオルは予備に2枚用意。洗浄した陰部を拭くから、タオルが汚れるわけではないけれど、一応、もう一枚予備で用意しておくと安心かもしれない。ついでに全身を拭く場合は濡らす用と乾布用に合わせて4枚くらい用意しておく。

 
■陰部洗浄の手順

①まず被介護者がうんこが出ると訴える乃至は、うんこが出ていることを確認したらケツの下にビニールか新聞紙を敷いておいて、おむつを脱がす。
 オヤジの場合おむつの中にアテントとかのパッドを入れてあるので、うんこがおむつを汚していなければパッドの中にうんこを包んで除けておく。
 
②そしておむつは取らないままで、ケツをトイレットペーパーやウエットティッシュで拭く。

③ジョウロにお湯を入れる。ペットボトルでもいいし、食器洗い洗剤の空ボトルでもいい。百均で売っている化粧用のボトルやオイラーなどでもよい。ともかく一遍にドバっと出ない水量の調整がし易い容れ物を選ぼう。容量は片手で持てる五百ミリリットル以下くらいの大きさで足りるだろう。

ベビー象さんジョーロ【夏グッズ・遊水道具・キッズ用品・保育グッズ・お風呂・砂場遊びグッズ】




④ちんことアナルに、お湯を降り注いで洗浄する。おむつは高分子吸水ポリマーなので下に敷いたままにしておけば、垂れたお湯を吸水してくれる。因みに、この方法は寝たまま髪を洗う時にも使える。
 ちんことアナルはデリケートだから洗うのに柔らかいスポンジやタオルなどを使ってもいいけど、うんこをした時に綺麗に拭いてあるなら、使い捨てのプラスチックグローブで撫でるくらいで十分だろう。
 まぁ素手でもいいんだけど、ちんこやアナルはバイ菌マンの闖入経路になるのでプラスチックグローブはつけておいたほうが良い。通常、被介護者は免疫力が弱いので、健康な人には何でもない感染力の弱い菌でも感染しまう恐れがあるからだ。

リーダー プラスチックグローブ Mサイズ 100枚入




⑤ちんことアナルに石鹸をつけて洗浄する。プッシュすれば出るボディーソープがあれば簡便だろう。病人は肌が敏感になっていることが多いので赤ちゃんでも使える無添加の弱酸性の石鹸がいい。

ミヨシ 無添加 泡で出てくるベビーせっけん ポンプ 250ml 1個 + つめかえ用 220ml 5個セット




⑥石鹸をお湯で洗い流す。

⑦ちんことアナルを乾いたタオルで拭いて、濡れたおむつを取り、新しいおむつに替える。


 まぁ、ざっとこんな感じだろう。


■陰部洗浄の体勢

 動ける人なのか、動けない人なのかによって違うと思うが、基本的にはうんこをした時にアナルを拭いておむつを変える時と同じ。仰向けに寝たまま足を広げて膝を立たせるか、横を向かせる。足を広げて膝を立たせているのが辛いようだったらサイドテーブルなどに片足だけでも乗せるとやり易いと思う。
 うちのオヤジの場合はベッドの柵に乗せた食事のためのコタツの天板に足を挙げてうんこをしている。寝たまま、うんこをする時はテーブルに足を挙げると力み易いし、洗う時もやり易い。アルミの蝦蛄万(C型クランプ)で固定しているだけだが、一点でも固定してしまえば動かないし、すぐ外せる。真似する場合は、コタツの天板は種類によっては重いのでホームセンターで化粧合板などを探そう。

アルミ C型クランプ 75mm





■経験に勝る知識なし

 今回は担当の看護婦について来た、まだ入ったばかりの年増の看護婦が研修がてら見本を見せてくれた。年増と言ってもオヤジと同じ年くらいだから六十代後半。担当の看護婦が子供が風邪を引いた時などに代わりに来てくれるという。
 
 昨日、カリ首のチンカスを綺麗にしておいたけど、サオの下の玉袋の垢が落とせていなかった。おむつをする時にサオを上に向けてやるのだけど、寝返りを打ったりしていると、いつの間にかサオは下を向いてしまい、玉袋と密着する。するとその部分が蒸れて垢が出やすくなるのだ。
 看護婦はその垢を落とそうとしてオヤジに「気持ちいいでしょう」など呼びかけたので俺はちょっと冷や冷やした。起ったらどうしようと思って(爆)。オヤジは何も言わず、花祭りの誕生仏みたいに右手で天を指し、左手で地を指した姿勢で微動だにしなかった。ちんこは血行が良くなって若干肥大したけど、結局最後まで寝たままだった(笑)。まぁ要らぬタヌキの皮残様だったわけだ。
 
 さて、被介護者の様態は日々変化していくものだから、介護のやり方や疑問や悩みも変化していくものだと思う。でも看護婦や介護士に聞けば大体解決するものだ。素人は初めから何でも知っていて何でも出来るわけではない。家事や仕事があれば目の前の状況に対応していくだけで精一杯になってしまうのも然り。看護婦や介護士とのコミュニケーションを密にして、やりながら覚えていけばいい。(寸)

 
■介護川柳 二句
 
  寝たきりの ちんこの裏に 垢溜めて 唯我独尊 誕生仏

  清拭の 絞るタオルの 滴れる 湯桶に浮かぶ 垢の湯の華

 



 
posted by 駿喆咲道 at 11:11 | TrackBack(0) | 介護 | 更新情報をチェックする






■恋愛にも新規顧客開拓にも使える出遭いの教科書
■著者
駿喆咲道@suntetusakudu

profile200×200_200x200.jpg

1978年生まれ、東京都在住。「人間とは何か、私とは何か」をテーマに、実存と人間関係の悩みに光を注ぐことを使命にしています。尊敬する人は『夜と霧』の著者 V.E.フランクル(ロゴセラピー)です。

私は常に「道」を求めて開発改善に努めています。それゆえ記事の投稿後も何度も推敲を繰り返します。それにより読者に損害が生じることは恐らくありませんので御安心ください。

なお、毒舌、エスプリ、おやじギャグ、スラングなどを用いたり、テキトーな言葉遊びによって人を煙に巻くような話をすることがあります。下ネタを発することもあります。その旨、ご注意ください。


I produced this template on August 29,2017.


読者メッセージを送る